デジタコ

digital-tachograph

デジタルタコグラフ、GPS運行管理システムなど、最新の管理システムを全車に搭載し、品質向上に取り組んでいます。
ハンドルロック・車両盗難防止装置を導入し、トラックの防犯システム向上に努めています。

デジタル式運⾏記録計(デジタコ)で運⾏管理

今となっては珍しくありませんが、当社もYAZAKI製デジタコを導入し運行管理を行っています。

デジタル式運⾏記録計とは?
デジタル式運⾏記録計とは、運⾏記録計の⼀種で⾞両の運⾏にかかる速度・時間等を⾃動的にメモリーカード等に記録する装置です。
事務所の読み取り装置でメモリーカード等を解析することでドライバーが法定速度、休憩時間などを遵守しているかを容易に確認でき、事故防⽌等の安全管理に⽤いることができます。
運⾏記録計には、運⾏データをメモリーカード等に記録するデジタル式と記録紙(チャート紙)に針で軌跡をつけて記録するアナログ式がありデジタル式の方が記録紙を目視で読み取るアナログ式に比べて解析作業が素早くかつ、正確に処理することが可能です。

予防安全

速度・エンジン回転数や運行に掛かる時間等を記録し、安全運転指導にも活用することが出来ます。

出発・帰社・荷下ろしを記録

外気温・冷蔵温度・冷凍温度をリアルタイムに記録

社内システムと連携

デジタコで収集したデータは社内のサーバーに蓄積、安全管理や各種資料・給与査定などに利用しています。

デジタコのデータが本社のサーバーに集まります

安全運転評価に利用